ZARD 坂井泉水辞典 8

画像


『Vintage』には、既にゴダールの影響がある。

「まるで知らない事を探しているようなMy Life」

ここでもビリー・ジョエルの作品のタイトルが
出てくるのだが(My Life)、
この文章とほぼ一致する
ゴダールの<カイエ・デュ・シネマ>における発言がある。
私はこのゴダールのインタビューを
坂井泉水は読んでいると思う。

『勝手にしやがれ』に強く惹かれて、ゴダールに興味を持ち、
引用という方法を用いて作品を書いてきたことを考えると、
この有名なインタビューを読んでいないほうが不自然なくらいだ。

「ような」とわざわざ書いていることが、
欠点によってボロを出してしまっているのだが、
「まるで知らない事を探している(ゴダールの)ようなMy Life」
という意味でとらえるべきだろう。

一年後、『Hypnosis』で結論を下している。

「知識を詰めこんでも 役に立つとは限らない」

ZARDの世界では、という意味だ。



ZARD 坂井泉水辞典 9へ
ZARD 坂井泉水辞典 7へ

©雪柳春雷
Copyright (C) 2009 Syunrai Yukiyanagi. All rights reserved.